Message

『怪人と探偵』〜KAAT公演の巻〜

KAAT(神奈川芸術劇場)は山下公園から徒歩1分、中華街から徒歩5分のところにある。
街を歩けばワクワクする場所には事欠かない。

『怪人と探偵』は稽古もKAAT内にある稽古場でやっていたので、
2ヶ月間、僕は横浜に通い続けた、最早僕は「横浜の人」でした。

そして『怪人と探偵』は9月14日に産声をあげたのです。

港町横浜には「〇〇発祥の地」なる看板が多々あります。
劇場に通う道すがらにも、いくつもの看板を目にしました。

それもそのはず。
だってKAAT自体が「山下居留地」
つまり外国の方が暮らしていた場所なのですから!

この遺跡はKAATとNHK横浜の建物横にあるんですよ。⬇️
知ってましたか?

さて、今回僕の化粧前に鎮座しているのはこの写真⬇️

『細雪』の時にも「谷崎潤一郎」をご紹介しましたが、
今回は「江戸川乱歩と二十面相」

下町の「ホッピー屋」で出逢った酒友である石塚公昭氏の作品。
石塚さんは陶芸に始まり、写真家・人形作家・文筆家でもある才豊かな方。
名付けて「ハイパーマルチクリエイター」

以前、数年間にわたり「中央公論Adagio」と言う都営交通のフリーペパーの表紙を飾っていたので、
石塚さんの作品を見ている方は多いと思う。

その想像の世界の深さ・妖しさ、そして創造の巧みさは世界観は唯一無二。

そんな乱歩先生と二十面相に見護られ公演に臨んでました。(もちろん西宮公演も見護っていただきますよ!)

さて、横浜の最近の名所の一つが「カップヌードルミュージアム」
みなとみらい線に乗ってると「マイカップヌードル」を持ってる方をよく見かけます。
朝ドラの影響も大きいんでしょうね。

で、初日から5日目の9月18日は「カップヌードルの日」
となれば買っちゃいますよね〜⬇️

普段あまり食べないのですが、たまに食べるとやっぱり美味しい!
「ひとり謎肉祭」は楽を終えてから!!

再びKAAT近辺の話題。

僕は楽屋口を使いますので普段正面口には行きませんが、
正面口の前にはこんな建物が!
名付けて「横浜控え目トランプタワー」⬇️

トランプさんのセンスも不思議だけど、この建物も個性的。
よく反射します!

さてさて、KAATには稽古場以外にも大スタジオやアトリエ(中・小スタジオ)もあって、
同時に数作品が上演されています。
すると思わぬ再会なんかもある訳です!

で、横浜公演千穐楽にはこんな再会が⬇️

昨年上演した「うつろのまこと」での相棒、近松門左衛門こと伊藤裕一君!
公演の合間に連絡を取り合ってパチリ。
戦友との友情は変わらずです!!

まだ西宮公演もありますし、作品の内容についてはまたの機会に!

とにかく無事に横浜公演を紡ぎ楽を終えています。

足を運んでくださった方、本当にありがとうございました。
西宮公演、さらにブラッシュアップして臨みます!!!

『細雪』〜1600の1歩先へ〜

PAGE TOP
error: