Message

『そうだ、ローマに行こう!〜@帝国劇場〜』

『ローマの休日』東京公演、おかげさまで無事に千穐楽を終えました!

ありがとうございます!!!

久しぶりの本公演、そして久しぶりの帝国劇場。
色々な制約を抱えつつも、無事に公演をやり遂げられた事が本当に有難く嬉しいです。

まずはこれをご覧ください⬇️

所謂「星取表」と言う上演日程表です。

今回の『ローマの休日』の軌跡。
帝国劇場で34回の”休日”が紡がれました。

そして一時はその扉が閉ざされていた「帝国劇場」にも本公演の灯が!⬇️

僕はどの劇場でも、舞台稽古の合間に劇場を探索するのが好きです。
もちろん客席の隅々まで座ってみたりもします。
そうすると、自分の中に劇場の空間が感覚として把握出来るし、
何より劇場と仲良くなれる気がするのです。

で、知ってましたか?
帝劇の入り口では、こんな方がお出迎えしてるのですよ!⬇️

「東宝」の創業者・小林一三氏。

旧帝劇のシンボル「翁の面」もありますよ!

ちなみに冒頭の写真はロビーを華やかに優雅に彩っているステンドグラスと手前に映る金色の”熨斗”装飾は、
どちらも猪熊弦一郎作です!

「帝国劇場」はやはり優雅で気品があり温かい。

客席もロビーも、そして舞台上でも、
背筋が伸び気が引き締まると同時に、
大きな懐に抱かれているような安心感を感じる。
僕にとってそんな劇場なのです。

そんな劇場の各所にはこんなものが⬇️

そしてお手洗いに向かう道にはこんなもの⬇️

今回「本公演」としての上演を実施するにあたり、
様々な対策を施してきました。

もちろん僕らも何度も検査をクリアして臨んでます。

客席にいる皆さんも検温・手指消毒、そして連絡先の登録などへのご協力をして貰い、
そのおかげでの無事完走だと思っています。

劇場は、多くの人の力が合わさってこそ成り立つ場所なのです。
ご協力、本当にありがとうございました!

「初めの一歩」は色んな意味で重要。

帝劇での「ミュージカル再スタート」でもあった『ローマの休日』。

その一歩を踏み出し、誰ひとり欠けることなく無事に完走出来たこと。
これは未来へ続く大きな”一歩”になったと、カンパニーの一員として自負しています。

昨日は「打ち上げ」もない千穐楽。
本当は仲間と杯を交わし話に花を咲かせたい。
正直もどかしいし残念。

でも、次の”一歩”のために、ココロは晴れやかに再会に向けて劇場を後にしました。

『ローマの休日』は、年末の名古屋・御園座、そして年明け元日からの博多・博多座と続きます。

一先ずここで一区切り。
ココロもカラダもリフレッシュします!

そうそう、公演期間中よく空を見上げていました。
その時の一枚⬇️

なぜだろう。

コビット騒動以来、本当によく空を見てます。

ほぼ日の出と共に目覚め、まず空を見る。
不思議と前向きになれる自分がいます。

今朝も早起き!

最後にこの写真⬇️

「大入り」が出ました!
多くの方に足を運んで貰った証。

本当に嬉しくありがたい!!!

感謝を込めて〜〜〜

『SHOW-ISMS』〜完走の感想〜

PAGE TOP
error: